<   2010年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

連続学習会~教育のいま・むかし 第3回&第4回

スペースF連続学習会(5回シリーズ)教育のいま・むかし 

2000年問題から早、10年。「上からの改革」は公教育を変質させ、「日の丸・君が代」「愛国心」の強制、子どもばかりか教職員までも能力主義の中に放り込まれることになりました。
このような教育現場で、先生は子ども達に人権や共生を教えることはできるのでしょうか?
教職員が心身の不調を訴えて、休職や退職に追い込まれるのはなぜなのでしょうか?
国立の小学校に勤務された教職員の方のお話をもとに、5回シリーズで企画しました。

第3回 子どもの学校生活

◆日時 2010年2月20日(土)19:00~
◆場所 スペースF
◆お話 元教員、現職教員
◆参加費 500円(資料代)

現在の教員は、たくさんの書類作成と研修に追い立てられ、子どもと遊んでる暇もないようです。
マニュアル通りにはいかないのが子ども、教員がゆとりを無くしていくなかで、学校は子どものエネルギーを受け止めきれるのでしょうか。
親、市民としてはその点が一番気になるところです。

第4回 教育委員会

◆日時 2010年3月13日(土) 14:00~16:00
◆場所 スペースF
◆お話 元教員、市民
◆参加費 500円(資料代)

教育委員会の功罪と今日まで、また教育委員会の歴史なども学びます。

今後の予定
第5回 教員の組合活動(日時未定)

これまで
第1回 教員という仕事 2009年12月20日終了
第2回 職員会議のいま 2010年1月30日終了
[PR]

by spacef | 2010-02-03 09:21 | イベント情報